総手彫肌絵彫刻師 愛知初代彫涼

総手彫肌絵彫刻師

日本で黒は、
神道では死を意味し、
仏教では地獄を表す。
文字通り、
刺青と言う言葉にも反し、
和彫りではインク等を使って黒く彫り上げる事を、
死んだ黒と言い、(死に墨)
和彫りで生きた人間に死を与える行為は、
絶対にやってはいけない(ご法度)である。

生きた人間に、縁起を担ぐ和彫りでは、
藍色の黒(刺青)に仕上がる伝統墨のみ仕様し、
総手彫りでの彫刻を行います。

この藍色は、英語でジャパンブルーと言い、
あえて言わぬが、ある1人の神を表す。

だから日本の着物も藍染なのである。
これが日本の伝統文化であり、刺青に墨(藍色の黒)を使う理由である。

神の依り代になり、神の恩恵を願うのである。

そして、その者が生命活動を終えると、藍色も黒になる。
生きた人間を、死体として扱うなど、言語道断である。

手彫りは、皮膚への負担や出血、痛みも少なく、年数を経て色が鮮やかに濃く揚がってくる、機械よりも作業が早い等、利点が多い為
機械やインクを使っての作業は行っておりません。

インターネットでは日本の歴史や文化が塗り替えられている為、本当の日本伝統文化での図柄の意味を説明させていただいた上で打ち合わせを行います。

新規ご依頼、ご相談、お気軽にお電話ください。

仕込み作業

総手彫肌絵彫刻師 愛知 彫涼が仕込み作業中の風景は
こちらからご覧いただけます。

(時間外作業)
(江戸時代でも、人物の刺青の藍色と水門の黒を使い分けている。)

(江戸時代でも、人物の刺青の藍色と水門の黒を使い分けている。)

製作途中

総手彫肌絵彫刻師 愛知 彫涼が現在制作中の作品をご覧いただけます。

作品集

総手彫肌絵彫刻師 愛知 彫涼が今まで手掛けた、作品はこちらからご覧いただけます。

料金

1時間 15,000円

【お支払方法】
現金でのお支払い

【注意事項】
血液型や肌質により、彫刻時間に多少個人差がでます。
職人として、誠心誠意彫刻します。
出来栄えよりも、金額が気になる方はご遠慮下さい。
血液型や肌質により、彫刻時間に多少個人差がでます。
長期出張・入院・体調不良・家庭事情などで、中断されている方、
中断される方はご連絡下さい。
最後の施術から三ケ月以上、空く場合はご連絡ください。

店舗案内

■営業時間
12:00~22:00

■定休日
第二日曜日

■電話
052-303-2244
090-4447-1666

■所在地
愛知県名古屋市港区

作品紹介

九紋龍史進
羅生門
More